フォトアルバム

twitter

アクセスカウンター

ブルーリボン

ちゃんと分解するバイオBB弾

  • アングス バイオBB弾 Shot & Tender 0.2g
  • 東京マルイ ベアリングバイオ 0.2gBB
  • 東京マルイ ベアリングバイオ 0.25gBB
  • 東京マルイ Superior 0.28BB

装備品等

  • 最近取り扱い店も少なくなった、APS Type96新マガジン
  • 枯葉 迷彩 ベースボール ギリー キャップ 偽枯葉付 茶 緑 系色
  • ギリー フード
  • アフガンストール緑色100x100
  • FIAT NUOVA 500(ルパン仕様)
  • 185X90と大きめのです。

ガンスミス Feed

2015年1月30日 (金)

バイオBB弾の検証 その28(76ヶ月経過)

078_2




バイオBB弾の検証

   

堆肥や土の中などに居るバクテリアやカビの働きで成分分解して最後には水と炭酸ガスになる

  

 ・・・・・ という触れ込みのバイオBB弾。 

   

  〝バイオBB弾〟として各メーカー・ショップより販売されている個別商品によって分解速度に違いはあるのか、それ以前に本当に分解されるのか! をサバイバルゲーマーとして「本物」を選ぶ為の検証です。

   

*検証条件 : サバイバルゲームで使用されたのと同じ、エアーガンから発射されフィールド(地面)に落ちたのと同じ状態。(埋めずに撒いただけ)

   

*検証方法 : 目視

  

*検証終了規定 : 20分探してもがいとうBB弾が見つからない場合。

  

  

《平成26年12月時点》

001_2

①「エクセル バイオ弾 @緑色0.25g弾/茶色0.2g弾

   

平成20年9月10日開始(77ヶ月経過)

   

  

   

   

  

   

   

   

002

②「マルイ成分分解0.2gBB」

   

平成20年9月10日開始(77ヶ月経過)

   

   

  

  

  

  

  

  

  

003

③「マルシン Biotech8mmBB」

  

平成20年9月10日開始(77ヶ月経過)

   

   

   

   

  

   

   

   

004

④「SⅡS地球に優しい!SⅡS精密BB」

   

平成20年9月10日開始(77ヶ月経過)

*参考品《非バイオ弾》

・セミバイオ弾とも呼ばれている、非分解性プラスチックや石灰質、硝酸バリウム等で作られたBB弾。

  

  

  

  

  

  

  

  

005

⑤「アングスBIO TECH BB」

  

平成21年4月12日開始(70ヶ月経過)

  

   

  

  

  

  

  

  

  

006

⑥「SⅡS GREEN MAXMUS 0.2g」

   

平成21年11月8日開始(61ヶ月経過)

   

   

  

   

   

   

   

   

007

⑦「マルイベアリングバイオ0.2gBB」

   

平成22年12月21日開始(48ヶ月経過) 

   

   

  

   

   

  

  

  

  

008

⑧「BATON バイオBB弾0.28gブラウン」

  

平成25年6月16日開始(18ヶ月経過)

   

   

   

   

   

   

   

   

バイオ弾の成分分解はぼちぼちですが、夏に拾った死にそうだった子猫はすくすく育っています。

  

拾ったこぬこのビフォーアフター

Img_20140918_104614460

Dsc_0075



  

 

 



2011年8月19日 (金)

カスタムガンの戦い 「モシン・ナガン M1891/30」 「九六式軽機関銃」

101212076 戦場で(サバゲで)お会いしたガンスミスの方々のカスタムガンの紹介させて頂きます。

 

昨年の冬、(平成22年12月12日)に行なわれた、ヒストリカル サバイバルゲーム イベント「Weltkrieg」 時の報告です。

排莢アクションがシビれるKarabinr1898kurz リアルカートモデル。  

  

   

   

   

Gannbarou_nipponn_2  半年以上前のネタで、恐縮なのですが、coldsweats01

節電対策で土日お仕事、震災の分を取り戻せとばかりに、「ただいま」から「行ってきます」まで8時間を切る労働をしております。おかげで サバゲどころか Blogネタになる様な事も一切出来てませんcrying、んなもんで以前に書きかけた(途中で冷めて放置していた)ネタを復活upです。

 

   

   

先の大戦(Weltkrieg)時に、戦友の方々が持ってこられていた渾身の一品です。今回紹介させていただくのも、造形的、実用的(サバゲでの)にアイディアの宝庫であり、何かを(カスタムガンを)作ろうと思っている方の参考になると思います。よ~く見てアイデアをもらって下さい!

   

まずはこれ!

『モシン・ナガン M1891/30』

H221212_130

いつもすばらしいカスタムガンを見せていただいている 同志クロマイト氏の作品です。

映画「スターリングラード」バシリザイツェフが使っていた銃です。

   

このモデルは以前KTWから販売されていましたが、(現在は中国製のモデルなら手に入れることが出来ます)KTWが出す前に作られたカスタムガンです。

   

モシン・ナガン の ディテールも上手く再現されており、ベースのVSRの面影はありません。

      

   

   

H221212_134_2 H221212_136_3

H221212_144_2

  

  

  

  

  

  

  

ストックはノーマル樹脂製をパテ盛り大加工、レシーバー・ボルト(シリンダー)部も大手術されています。

VSRベースと書きましたが、ベースというより材料です。

  

H221212_143 私が特に感銘を受けたのは、レシーバー・ボルト部の大手術です。もっとじっくり見せていただきたかったです!

レシーバーをザックリ逝ってしまい、シリンダーにアウターカバーを付ける事でモシン・ナガン独特の〝あじ〟をだしておられます。

VSR独特のレシバーリング構造を逆手に取ったアイディア加工です。

  

*これを見せていただいて 「DENIX リー・エンフィールド SMLE」 にVSRを組み込むアイディアを思いつきました!

  

  

  

H221212_138 もうひとつ、直ぐに使えるアイディアがありました。

マウザー98Kやアリサカ38式などWWⅡ大戦型(それ以前の)小銃によくある、ストックやバレルを止めるリング状の金具。

       *右写真参照⇒

実際これを作るにはどうやればいいか、何か流用できる物は無いか、悩むところですが、このモシン・ナガンでは、2mm厚のゴムを巻くという方法で上手く再現されてました。

この方法なら寸法をや形状を細かく苦心して作らなくても簡単に再現できます。scissors(当然、強度は期待できないので固定方法は考えないといけませんが)

  

  

  

もう一つ

『九六式軽機関銃』

101212059 「みんな奴にやられるぞ!」 

  

丘の上の、ジャップ(日本帝国軍装のサバイバルゲーマーさん)の陣地を潰すのが任務だった我々は、

110621124t

  

  

  

  

   

  

  

KTW製九六式軽機関銃の電コンユニット弱装弾だと思いうかつに前進し手痛い打撃を受ける事となった。

   

   

H221212_145  ・・・っと、この皇軍の方が戦っておられた「九六式軽機関銃」は、ヒストリカルゲームだけではなく通常のサバイバルゲームでも十分戦える実射性能を備えてました。

 

カスタム内容は、ADVENモデルにAKユニット組み込まれた電動ガンです。

バッテリーは外付け、それっぽいバッテリーケース・・・いや 蓄電池収納袋 で装着されています。

  

  

  

     

  

  

H221212_147 H221212_148

H221212_151  

  

  

  

  

  

 

 

 

H221212_149  「九六軽機関銃」の特長でもある上向き弾倉(マガジン)は、ベースユニットとなったAK47とはマガジンの方向が逆なので、そのままチャンバーを使う事ができません。なのでチャンバーは自作されてました。

  

弾倉はAK47のノーマルマガジンをそのまま流用されてました。九六式の弾倉とは若干Rの違いは有りますが、銃に装着している状態での違和感は感じませんでした。

  

  

  

  

H221212_150_2

既製品のマガジンを流用する事で、カスタムガンには良くある予備マガジンの問題を解決でき、機関銃としての(エアソストガンのね)実用性を一層高めていました。

  

ガンガン撃ってせっせとマガジンを交換している姿は、「シン・レッド・ライン」の米軍が日本軍陣地に突撃してくるワンシーンを思い出させてくれました。

  

  

  

  

  

  

 

 

 

 

 《参考資料》 「The Thin Red Line」 *20秒くらいのところ!

2010年9月19日 (日)

カスタムガンの戦い 「ざ・パシフックフロント」 参戦報告

H220822_050

8月22日炎天下、

ガダルカナル(バトラン)で行われました、WWⅡ太平洋戦線 サバイバルゲームイベント

   

「ざ・パシフィックフロント」

   

 に参戦して参りました。

  

米軍31名・日本軍29名(その他 ゲーム参加者以外の方を合わせると90名)と、暑くて熱い戦いが繰り広げられました。

   

このイベントは、史実に沿った流れでゲームが展開され、戦闘では(ゲームでは)指揮官の指示で動き、たとえ理不尽な命令でも「これが戦争だ」とそんな気分になって楽しむ・・・。 という リエナクト形式のゲームです。

   

戦死(HITしたら)(エアソフトガン)をカメラに持ち替え戦場カメラマンとして戦場(フィールド)を駆け回り、戦場写真をバシバシ撮ってくる予定だったのですが・・・・・

   

茹だるような暑さの中、厄年真っ只中の第二乙種兵には、体力的に玉砕寸前、セーフティーに帰ってくるなり銃を捨て装備を外し、すでに温かくなってきたお茶を飲みへばっているだけ・・・・

ほとんど戦闘中(ゲーム中)の写真は取れませんでしたcrying

  

  

《戦場写真》

H220822_108 H220822_006

   

   

H220822_031 H220822_104

  

  

  

   

  

  

  

  

   

   

・・・っということで「戦闘報告」は置いといて、このイベントでとってもツボった(私的に)カスタムガンやレア銃をレポートします(連合軍側のみ)。 

    

    

  

H220822_038a H220822_025

まずはこれ!

オージーの持っている 「リー・エンフィールドSMLEライフル」

オージー装備 自体レアなんですが、私はこの銃床が先端まで来たようなライフルがカッコ良たまりません!ドラマ「最後の弾丸」で見て以来(チラッと)心を鷲摑みされたままで、今回実物(トイガンの)を始めて見させていただきました。

   

これは、デニックス という海外メーカーもモデルガンで日本のメーカーの様な細かいギミックの再現はありません。しかしエアガン組み込むには十分です。smile

*オージー装備も参考にさせて頂きます!

   

   

  

H220822_093

「トンプソンM1928」

「The Pacific 」を見て欲しくなったのは私だけでは無いと思います。happy01

これは、マルイ  トンプソンM1A1 に CAW M1928キット&CAW M1928ウッドストックキット を組んだ物に海外製ドラムマガジンを装着の仕様

  

  

H220822_088_2  

CAW M1928キット&ウッドストックキット、またCRAFT APPLE WORKSサンより再販される様なので気になる方は要チェックです。

   

*海外製のドラムマガジンはやはり調子悪いらしいです。(要調整)しかしこういうゲームは雰囲気が大切なんで M1928 にはドラマガ必要です!

   

   

   

  

   

    

    

   

   

   

H220822_072 そしてこれ!

  

「電動M1カービン」

  

電動M1カービン は、いろんな方々がチャレンジされていますが、M1カービンの中は意外と狭く、フルサイズ電動ガンの電動ユニットを組み込むのは至難の業で、ハンドガード内にユニットを組み込む!という手で作られている物がほとんどでしたが、このM1カービンは「電動コンパクトマシンガン」のユニットを組み込まれています。

マルイから「電動コンパクトマシンガン」が出て、この電動ユニットなら上手く仕込めそう!と思った方も多いかと思います。

H220822_073 作られたのは、以前のBlogネタ 「戦士の銃 電動M1ガーランド」で、Best M1ガーランドを見せて頂いた クロマイト師匠です。M1カービンもまたすばらしい出来です。scissors

  

 電コンユニットなので理想的な配置で組め、マガジンから直ぐにチャンバーに給弾できます。

  

  

H220822_076_2 H220822_079

写真撮らせて下さい! のお願いに快くOKして下さり、ばらして中まで見せてくださいました。

 

電動ユニットの配置や取り回しが良く分かります。

コンパクトな電動ユニットでもノズル位置は変更したそうです。

   

   

H220822_077 バレルも電コンユニットのシリンダー容量に合わせ短い物に。

アウターバレルはアルミパイプで製作されてます。

  

その他いろいろとアイディアが詰まったM1カービンなので、大変参考になります!

 

あらためて、クロマイト師匠に敬礼!

  

  

H220822_051

こちらは、

・奥:ブローニングM2重機関銃

・中、手前:ブローニングM1919重機関銃

・左:M2火炎放射器

  

他にも M1バズーカ、日本軍には一三年式機関銃や山砲まで有りました。

  

  

   

   

   

H220822_019 参加の皆さんの情熱のこもったカスタムガン等を見せてもらっていると、自分のカスタムガンがなんか地味~に見えてきました。happy01

  

← 上:KTW スプリングフィールドM1903A3

   下:私作 VSR スプリングフィールドM1903A4

並べて見て見ると、やっぱりVSRテイストが浮き出てますね。catface しかしネット情報だけで作ったにしては、まぁまぁ良い出来でしょう!(自己満足)

 

 

 

2010年8月17日 (火)

VSR M1903 完成

H220816_005a  やっと完成しました。

「VSR M1903」

(スプリングフィールドM1903A4っぽく改造したVSR-10プロスナイパーバージョン)

  

   

   

    

   

H220816_007 今年の1月にVSRを買ってきてから、「VSR M1903」計画をスタートさせ、苦節8ヶ月bearing何とか完成することが出来ました。

   

・・・と言っても この2・3ヶ月は製作時間が週2時間くらいしか取れない日々が続き、テンションもダダ下がりdownで何時になったら出来るのか見えない日々が続いていました。

  

 → フロントまわり : 一応M1903A4なんで フロントサイトは無くコンペンセイター(?)の切りかけが2ヵ所

   

   

   

H220816_012しかしこのままでは 8月22日の

   「ざ・パシフィックフロント」

に間に合わないと思い、HBTをはおりながら、「THE PACIFIC」や「プライベートライアン」見る(これでテンションupupup戦時生産態勢 を布きこのお盆休みに一気に作り上げました。

  

← バットプレートは製作面からこのタイプにcoldsweats01  

   

   

   

   

   

   

H220816_013限られた時間で完成させるために いろいろと簡素化・省略化は有りますcoldsweats01、よ~く見ると粗もいっぱい・・・ 

まぁ~ 戦時生産品ということで あまり突っ込まないで下さい。

 

 ホップ調整レバー部・・・完全に戦時生産仕様ですcoldsweats01

   

  

  

  

  

  

今週末は、早速これで戦ってきます。( ↓ 週末のゲームのイメージ画像)

Springfield03_03 Pict5120a_2 Usmc_okinawa_thompson_3

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 《参考資料》

「ざ・パシフックフロント」公式サイト

Pacific

2010年5月14日 (金)

電動M1ガーランド / VSR M1903

P1240059a 「電動M1ガーランド」でこのBlogにこられる方が、あまりに多いのでまたガーランド、ガンスミス(おもちゃ作り)ネタです。

  

  

もう一丁 「電動M1ガーランド」 を、作りました。

昨年に作ったM14改→電動M1ガーランドの改善型です。

 

  

前作の実戦使用(?)での問題点(電動M1ガーランド(実戦投入)その2 参照)を考慮し、より実戦(サバゲの)で使えるようにしました。

   

  

Pb290063 給弾方法を最も実用的(サバイバルゲームで)と思われる、ショットシェルマガジン方式に改めました。

 

色々試行錯誤をし、何とか形になりました。ここに収める為に結構無理やりなBB弾の取り回しにはなりましたが、セミオートと言うこともあり送弾には問題ありません。

  

  

 

   

   

Pb190034a_3 マガジンをコンパクトなショットシェルマガジンにしたことでスペースに余裕が出来、ストックの形状も本物に近い形(スリムなししゃも)に出来ました。

 

  

    

その他、初めに作ったmyM1ガーランドで気になったところ(手を抜いたところ?)をやり直し、一通り完成。

しかし、まだどーしてもやりたいこと(付けたいギミック)あるので改良は継続中です。  

Pb190037_2 Pb190035_2

Pb190036

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

理想のシステム(ギミックの仕組み)を考えるのは、なかなか前に進まず 頭の中は完全に煮詰まってきました。sad  

  

そんでもって一端 「電動M1ガーランド」 はお休みして、こっちの鉄砲を作ることにしました。

  

P5100001a_2  「VSRスプリングフィールドM1903A4」 

  

今のところ ここまで完成。まだM1903ぽくなってませんがハンドガードをつければもう少し形になるでしょう。

  

サバイバルゲームでは、主にエアコッキングガンを使用し戦って(遊んで)いるのですが、最近は、WWⅡ米軍装備中心で戦っているので、WWⅡ米軍装で使える(持ってて違和感の無い)エアコッキングガンを手に入れるのは急務になっていました。

1903a4_02812 WWⅡ米軍装でのボルトアクションライフルと言えば、ジャクソンのスプリングフィールドM1903(映画:プライベートライアン参照)、KTWからM1903A3のエアコキガンは出てますが(ましたが)、すでにメーカー在庫も無く(KTWさんももう作らんってweep)、オークションで手に入れるくらいしか有りません。しかも価格はほとんど下がらず・・・・・。

 

  ・・・っと言うわけで作ることにしました。wink

コンセプトは、「だいたいそんな感じならOK!サバゲで使えるM1903」 です。

P2150038  

ベースは、機関部が似ているのでVSRにしました。後は基本VSRをそのままで、銃床を自作し作ることにしました。

  

    

ネットで集めた情報等から、大まかな1/1の絵(図面?)を描きます。ここで大切なのは、全体のバランスと銃の雰囲気。元々他のものをその形にしようとするのですから自ずと無理が出てきます、そこを アイデアとセンス、そして 妥協 で何とかします。coldsweats01 (あまりこだわると結局自分を追い詰めることになるので) 

  

   

 ↑ それを元に銃床となる木を切ります。

*今回は後の作業が楽な様に二枚の木を張り合わせて作ります。 

 

  

  

P4180001  

 → 左右の位置合わせをし、こつこつ削っていきます。 

まぁ~手間は掛かるっちゃ~掛かりますが、システムを考えるよりは時間を掛けた分進んでいきますのでやってて楽しい作業ですhappy01

 

 

 

 

 

P5090009 P5090018_4

機関部埋め込むスペースを削る時に、左右貼り合わせだと作業が楽です。

  

  

  

  

  

 

  

  

P5100004   

 で、合わせるとこんな感じ →

  

だいぶ形も見えてきて、VSRもぶった切ってしまったので、もう 後には引けません。まだまだ、先は長いですが こつこつと作っていきます。

  

  

  

  

  

サバイバルゲーマーのなかで少数派の大戦装備ゲーマー、その中でもより少数派のWWⅡGI。(ナチスドイツ41%:帝國陸海軍35%:米陸軍海兵隊18%その他6% 多分こんな感じ)いろんなチームにポツポツとおられるWWⅡGI(大戦米兵)の兄弟達と同じゲームに参加できればと思っています。

  

7月には、衛星放送で「ザ・パシフィック」もはじまるので、そのくらいにゲームを企画しようかなと思っておりますので宜しくお願いします。

   

参考資料 : 「THE PACIFIC」

2009年12月27日 (日)

8mmBB弾仕様APS(APS-8 take it easy)実射報告

P6140017b_2

8mmBB弾仕様 APS-2OR 実射報告! 

っといっても 有り合わせの部品で作ったのですが。

「APS-8 8mmBB弾仕様APS」のつづきです。

 

もう半年も前の6月に某チームさんのゲームで実戦でテストして来ました。

(upしようと思いつつ、忙しいやら何やらで気が付けば半年も経っていました。)

 

   

   

P6140021なんせ、一夜漬けで作ったので、マガジン(弾倉)まで手が回りませんでした。給弾は手込めです。coldsweats01  

  

  

給弾は、ボルトを引きチャンバーに直接 「ころん」 と8mmBB弾を入れます、そしてそのまま弾を落とさないようにボルトを閉じて発射準備完了!

  

ただこの時気を付けないといけないのが、ボルトを引ききってからボルトを閉じる少し手前まで戻して

  

P6140023 チャンバーの後ろをノズルで塞いでやらないと、チャンバーとボルトの間にBB弾が落ちてしまいえらいことになってしまいす。(ボルトを外さないと取れない)

  

こんな中込式単発ボルトアクションライフルなんで、連射速度はマスケット銃よりは幾分早い程度です。weep

  

   

   

そして肝心の実射結果はと言うと・・・・

   

 

「サバゲで使える」(十分戦力になる)と言うには、程遠いレベルでした。crying

まずなんと言っても集弾性が悪すぎました。20mくらいではまだマンターゲットに対しては何とかなりそうですが、それ以上(30m)になると「狙撃」と言うには絶望的な結果でした。

P5260054  やはり 「弾が出ればいい」レベルの〝継ぎ接ぎバレル〟を突っ込んだのが一番の原因でしょうbearing

それと、バレルに穴を開け適当なゴムを押し付けてビニールテープをまいて押さえた〝ビニテ簡易ホップ〟 当然これでは安定したホップは期待できません。(6mm弾より8mm弾の方がホップ調整は繊細な感じがしました)despair

もう一つ、弾速も出ていなかったことも、集弾性(特に30m以上で)を悪くした原因の一つでしょう。(APS用の使い古しの「1J スプリング」を使ったので、8mm弾を押し出すのには、キツかった。)

           (継ぎ接ぎばれると ビニールテープの簡易ホップ) ⇒

  

  

しかし今回の実射テストでは、8mmBB弾の利点を確認することは出来ました。

8mmBB弾の利点「弾道がはっきり見える」を検証するために最大射程で発射したところ。射角を大きくとって(40°くらい?)撃つ榴弾射撃(?)にもかかわらず、着弾する50mくらい先まで弾道がしっかり見えました。(@4倍スコープ使用)

(エアソフトガン)自体の完成度をもう少し上げ、遠射時の集弾性が良くなれば、8mmBB弾の用法として期待している「長距離射撃」8mm弾の可能性「長距離射撃」 参照)を実戦出来るのではと思いました。

   

その他 気になった点は、銃(エアソフトガン)自体の性能がアレcoldsweats01なんではっきりとしたことは言えないのですが、撃ちだした8mmBB弾の弾道をスコープで見ていると、6mmBB弾でいう〝軽量弾〟(0.2g以下の弾)を撃っているような感じでした。

今回使用していた8mmBB弾は マルシンの「Biotech 8mmBB 0.35g(茶色)」弾でしたが、8mmBB弾で0.35gは、容量の割りに重量が軽いのでは と感じました。

  

    

 改善策  と言うかこのAPSをもう少し使えるよう荷するには、 

P5290020 バレルを8mm用の長物で唯一出ているカスタムバレル、「ガーランド用のタニコバ ツイストバレル」に変えて、ホップ・チャンバー関係も、ガーランドのパッキンを使う等してもう一度作り直してやれば、もう少し良い結果になるでしょう。

マガジン(弾倉)も内径9mmのパイプが有れば何とかなるでしょう。

   

   

   

ただそれより問題がありますそれは、

P9110076_2  アウトドアのサバイバルゲームで使用できる、色付の8mmバイオ弾が手に入らない!

メーカーに(部品通販窓口)で確認してみたところ、「廃盤にはなっていないのでいづれ再販すると思います」との事でしたが、実際には長いこと店頭で見てませんしそんな話すら聞きません、事実上は廃盤になっているのと同じです!

弾薬(BB弾)が無いと いくらいい鉄砲(エアソフトガン)が有っても使い物になりません。

    

 ちょっと まるしんさ~ん、一時は8mm弾でサバイバルゲームやろーってキャンペーンしてたんじゃぁないの!(雑誌とかで8mm弾限定ゲームやってたし)これじゃ8mm弾使ってサバゲできません!

  

っと言うわけで、8mm色付バイオ弾が、再販されれば、またこのネタの続きをしたいと思います。

   

2009年6月 6日 (土)

APS-8 (8mmBB弾仕様APS)

P5270001k_2

  

  

  

  

  

 

 

  

    

眠っていた APS-2SV をリサイクルして8mmBB弾仕様APSを作りました。

   

一見、ぱっとしない普通のAPS-2SVですが、

P5270006

 インナーバレルには、太い(ぶっとい)8mm弾用が入ってます。

  

  

ある日、翌日の戦い(サバゲ)の準備をしていると、ふとあるものが目に付きました。

   

「マルシン南部14年式」

動きも渋くガス漏れもあり(ダダ漏れ)陛下にお預かりした大切な銃なので(妄想)何とか直そうと悪戦苦闘したのですが・・・諦めましたweep

これを見て思いつきました。

  

この南部のパッキン、使えるかも知れない!

  

以前より、8mmBB弾仕様のAPSの構想は、描いていたのですが、チャンバー/パッキンをどうするかでストップしていました。

インナーバレルを取り出して見ると、シンプルな構造。

 P5240004 

これは、いけるflair

  

「なんか上手くいきそうheart02」 

気分も乗ってきたので、思いつくまま製作に入りました。(弾出ればいいわ)

    

       

まず「チャンバー」

あまっていたAPSのノーマルチャンバー(APS-OR)が有ったのでそれを8mm弾に合うように8mmのドリルでズボ! 

  

  

  

  

P5260061   

次に「ノヅル」

何か合うものは無いかなと思ったらちょうどよい物が、

外径8mm内径6mm、みんなおなじみマルイ電動ガン用の純正バレルです。

これを、いい長さに切ってAPSのノズルに パイルダーオン!

取り付けは、ゴム系接着剤(通称:青鼻接着剤)。 take it easygood

 

 

   

  

P5260054    

そして最も重要なパーツ「バレル」

これは、 M1ガーランドのグネグネノーマルバレルスナイパーの詩 別館  参考)。

このバレルの曲がった部分と一部変形しているところがあったのでその部分を 切り取り(T)真直ぐな部分どうしを 貼り付け(P)。

バレルの外径と同じ内径のパイプで外側から補強して青鼻接着剤で合体! take it easygood

  

繋ぎ目部あたりを削り穴をあけ適当なゴムを押し付けホップ完成。 テイク イット イージーriceball 

  

  

  

最後に 「スプリング」。

さすがにAPSノーマルの0.8Jスプリングで8mm弾を撃ちだすのはキツイかなと思うので、我 工房にあったAPSに合う(ノーマルピストンサイズ)一番強そうなスプリングを入れました。(詳細不明)

  

試しにダンボール箱を撃ってみることに!

   

「バコ」  っと、大きな穴(8mm)が開くに違いありませんsmile

 

  

ダンボールから30cmくらい離し、垂直にバレルを向け、いざ発射

  

  

   「スパ-ン!」

  

8mmBB弾がダンボール箱にヒットする衝撃音が部屋中に響きました。

  

P5260063_2  

8mm弾は、見事ダンボール箱に

「すこし凹ます」

という爪あと(?)を残し、弾き返されてました。crying

  

もうすでに時間は丑三つ時(AM2時)明日はサバゲで早いのに・・・・

  

これ以上この鉄砲を触る気もしません。(まだサバゲの準備できてない)

  

この日は、このまま組んで翌日フィールドで試し撃ちすることにしました。

 

実射報告は、また後日。

  

  

P5270066

このAPSを「8mm弾弾道確認用実験機」とし、良い結果(長距離射撃の)が得られれば・・・smileと思っています。

マルイからもL96AWSが発売される様なので、ますます見劣りする MyマルゼンAPS Type96 を本気(マジ)8mm弾仕様にしよっかな!と考えています(もう元は取ってるしね)。  

  

息子のチュパカブラcatも、この「APS-8 take it easy」が気に入った様で、添い寝していました。

  

2009年5月 5日 (火)

戦士の銃 「電動M1ガーランド」

P3210020 このBlogに

「電動M1ガーランド」

で検索されて来られている方が結構おられます。

きっと志を同じくする(サバゲで使えるガーランドが欲しいGI)兄弟達だろうと勝手に思い込んでます。

そんな同志達の参考になればと、前回の「ヒスサバ9」で共に戦った兄弟達が持ってきていた「戦士の銃」M14改→M1ガーランドを紹介します。

  

  

   

   

P3210016k No,1

M1 Garand

《外観》

ストック:マルイM14改

フロント/ハンドガード:中田モデルより流用

  

  

《システム》

給弾:M14マグぶった切りショートタイプ。(Flitz仕様でも可)

M14のマガジンがそのまま使えるので戦況によって(ゲームレギュ)は、多弾数マグにフルオートでBARいらずに変身可能!

P3210058 オプションで

M1ガーランドホルダーつきジープ有り

 

 

 

 

  

   

  

  

P3210042 No,2

M1 Garand

《外観》

ストック:マルイM14改

フロント/ハンドガード:中田モデル流用

《システム》

給弾:マルイショットシェルマガジン

*M14のマガジン スペースにショットシェルマガジンを組み込むことは、スペース的にけっこう難しいのですが、この兄弟はシェルマグ自体を数ミリ短くするというアイデアでクリアーされてました。

P3210043 P3210049

ストックの塗装もハンドガードと上手く合わせておられました。ストックの形状はM14そのままですが質感のある塗装なので違和感を感じません。

  

  

  

  

P3210034a No,3

M1 Garand

《外観》

マルシンM1ガーランドにM14埋め込み

《システム》

給弾:ショットシェルマガジン

このUSMC(海兵)の兄弟が持て来ておられたM1ガーランドが今回見せて頂いた中で、ベストガーランドです!

「マルシンM1ガーランド」ベースにされているので外観は妥協無し、ストックも 元の塗装?(仕上げの塗ってある物)をはがしオイル仕上げに変更されています。サバゲに使うのはもったいないくらいです。

P3210039 P3210037

給弾システムは、ショットシェルマガジン使用にされていますが、まぁ~芸が細かい!

マグチェンジをするときは、クリップラッチを押すと、下部の弾倉部がパカっと開きそこからシェルマグが交換できる仕様。すごい!

  

  

P3210038 P3210036

不要なところを省きシェルマグをそのまま使用できるようにされています。

  

  

  

   

   

P9280042 今回、GIの兄弟達には、愛と情熱と努力のMy M1 Garand を見せていただき大変感謝しております。各銃ともアイディアの宝庫であり、これからM1ガーランド作ろかなって人の参考になると思います。(私もたくさん頂きました!)

自作電動M1ガーランド、 

 「Go For Broke!」

当って砕けろ精神でチャレンジしてみてください。

  

*電動M1ガーランドを手に入れるもう一つの方法として、ショップ改造品を買うという手があります。  (右の写真は、ネモトM1ガーランド)

【参考資料】

電動M1ガーランド取り扱いショップ 

ネモトガンワークス  

Flitz

*詳しく知りたい方は問い合わせてみてください。 

2009年5月 4日 (月)

電動 M1ガーランド(実戦投入)その2

P3290006 M14改→M1ガーランド、ヒスサバ実戦投入の話をしようと思って書き出して、結局長い前置きだけで終わってしったので、その続きです。despair

  

←装備の金具が当り塗装がはげてしまいました。実戦(?)に使い、破損した個所はここだけです。

  

このM14改の 電動M1ガーランド、完成してから「ヒスサバ9」に出撃するまで、試射したのは室内のみ、満足に広い場所で撃つことも無くの実戦投入でした。

マルイBBローダーを使用しての給弾を考えて作っていたのですが、BBローダーを手に入れたのは「ヒスサバ9」出撃当日!

BBローダーでの給弾可能と確認できたのは、バトルランドー1についてからcoldsweats01

     ・・・・・ぶっつけ本番です。bomb

  

  

  「Go For Broke」       (当って砕けろ!)精神です。coldsweats01

   

  

P3210084 なので、戦いが始まるとやっぱりいくつかの問題が浮上して来ました。

 

1、ホップ調整時の不具合

・ホップ調整が分解せずに出来なくなっていた。

  

2、再装填時の不具合

・再装填時にBB弾が弾倉に入らない。

  

3、装弾不良発生

・弾倉のBB弾が上手く押し上がって無かった。

  

とこの三点でした。

 

【原因】

1、ホップ調整  

P5040006 指が入らずホップ調整出来ない不具合発生down

M14と同じマガジン前部のところの調整ダイヤルで行いますが、ストックの整形でパテ盛りしたのと、弾倉部(おなかのところ)の処理を超特急で済ませてきたので、指が入らず「ホップ調整できない」事態になってしまってました。良く考えてやれば問題なく済むところでしたが余裕なく作業していたのが原因です。

これは、戦闘開始直前に緊急手術で対応!何とかホップ調整できるようになりました。

  

   

   

2、再装填

P3290011_2  ゲームスタート前テストでは、設計通り(?)順調だったのですが、実戦(サバゲの)で使用してみると、再装填時ノズルが最後退位置で止まらない事があり、ノズルが邪魔をして弾倉に弾が入らない装弾不良発生down(*ノズルが後退位置で止まるまで空撃ちして対応)

本来この電動ユニットはセミオートで撃ち終わるとノズルが前に行って止まる構造になっている(たしか)ので今までが少しへたったバッテリーとの兼ね合いで偶然に上手くいってただけです。なのでノズルが後退位置で止まらなくて当然。ボルトを開くとノズルを押し下げるような対策を考えないといけません。*頭の中ではプランあり!

  

  

  

3、給弾

P3090021 このM1ガーランドの装弾数は23発、それ以上無理に弾を押し込むと弾が上がらない給弾不良発生。down

この銃の弾倉部はAPS type96のマガジンを加工して使いました。30発装弾用のマガジンフォロアースプリングをそのまま使用したことが原因と思われます。

←加工したマガジン(弾倉)

加工後(ぶった切って短くした)の23発に合うようにフォロアースプリングの長さを調整すれば直るかなと思っています。*やってみないと分かりません。

  

次の「ヒスサバ」までには、上記の問題解決とディテールの改善、それと「チ~ン システム」(その1参考)の完成を目指します ・・・・ 目指したいです ・・・・ できればいいなぁです。

 *ぎりぎりにならないと なかなか始められないタイプなのでshock

  

2009年4月 7日 (火)

電動 M1ガーランド(実戦投入)

P3210077 M1ガーランド、この間のヒスサバ9で 実戦投入(サバゲの)してきました。

 

 

必至で作って持って行って、いきなり潰れたらどうしようsadと心配していましたが、大きな問題も発生せず、トンプソンを使わずに済みました。

  

  

  

←ヘンダーソン飛行場奪取を狙う川口支隊の猛攻を跳ね返す第164歩兵連隊の兵士  ・・・ の気分(戦っている相手は日本軍です) 

  

  

P3290011 このM1ガーランドで一番心配だったところが、給弾装置です。

 

給弾方法は、マガジンの選定・加工の問題からいいアイディアか浮かばずなかなか前に進めなかったところです。

悩んだ結果(ロンメル将軍の戦訓を参考にし)思い切ってマガジン方式をやめ、「固定式弾倉」にチャレンジしました。(銃に直接弾を込める方式)

 

(⇒ボルトをオープンするとノズル・弾倉・ホップチャンバーが見えます。)     

  

M1ガーランド本来の操作に近い、ボルトを開きそこから直接弾倉に給弾するリアルアクション です。(*この方法だと予備マガジンの心配もいらず、リロードで撃ちまくれますし。)

  

  

  

P3290007_2  給弾方法は、まずボルトを開きロックします。

次に弾倉に直接ローダーをあて弾を入れます。*この時当然ながらノズルが後退位置になっていないといけません。

装弾数23発

そして最後にボルトを ジャッキーン!と戻し装弾完了。

  

 ・・・っと戦場でリアルな装弾アクションが楽しめます。(?)coldsweats01

   

こんな加工するなら他の給弾方法(ショットシェルマガジン等)が出来たのではないかと、自分でも思いますが、あえてこの弾倉内蔵方式にしたのかというと、もう一つギミックを付けたかったからです。

   

   

   

M1ガーランドといえば! 

   ダン ダン ダン ダン ダン ダン ダン ダッチ~ン ・・・です。

【参考資料】

この「チ~ン」がM1ガーランドにとって非常時大事な要素です。(ってか、マニアにとってはたまらないlovely

これを何とか再現したいと思い、最終弾を撃ち終えると「チ~ン」と音がする、「チ~ン システム」を可能にする為に固定式弾倉になりました。

しかしなかなか上手く動かず今回のヒスサバには間に合いませんでした。weep(ヒスサバに向けかなり詰め込んだので、今はあまりいじる気がしません、「チ~ンシステム」完成目標、2009年中)

*最終弾を撃ち終えた時にアクションを付けるには、マガジンフォロアー(弾倉内で弾を押し上げる部品)から連動して、アクションをする部品に装弾終了の信号を送る必要があります。マガジン方式にするならマガジン一つ一つに加工をしないといけませんが固定式弾倉の場合は一つですみ、構造的にも実現可能と思いました。

  

   

   

P3210012  

とはいえ、妥協と手抜きで、何とか電動セミオート エアガンとして使える状態にはなり、「ヒスサバ9」という晴れの舞台で、思い切り戦うことが出来ました。

 

  

  

つづく