フォトアルバム

twitter

アクセスカウンター

ブルーリボン

ちゃんと分解するバイオBB弾

  • アングス バイオBB弾 Shot & Tender 0.2g
  • 東京マルイ ベアリングバイオ 0.2gBB
  • 東京マルイ ベアリングバイオ 0.25gBB
  • 東京マルイ Superior 0.28BB

装備品等

  • 最近取り扱い店も少なくなった、APS Type96新マガジン
  • 枯葉 迷彩 ベースボール ギリー キャップ 偽枯葉付 茶 緑 系色
  • ギリー フード
  • アフガンストール緑色100x100
  • FIAT NUOVA 500(ルパン仕様)
  • 185X90と大きめのです。

« バイオBB弾の検証 その26(70ヶ月経過) | メイン | バイオBB弾の検証 その27(73ヶ月経過) »

2014年10月20日 (月)

サバゲスナイパー「Air Soft Sniper No,23」BATTLE LAND-1早朝戦20140817

 8月17日 バトルランド-1「早朝戦」に参加して参りました。

もうホント久々のバトランです。

   

目が覚めるほどの未明の大雨で(バトランには だいたい前夜INの車中泊です) ゲーム出来るかなと心配しましたが、日頃の私の行いが良いせいか(笑)、受付開始時間には青空が見える状態になりました。smile

  

《動画の説明》

     

     

 【TAKE 1 】

009


 この日は、参加者が少なめだったので、バトランの広いフィールドでは敵の戦線も薄くなっているはず。敵の裏をかいて 正面から行けばの浸透突破でフラッグを狙えるんじゃないかな! という作戦。

   

   

   

ブッシュの間にすっぽりと隠れ、目の前に来た敵だけを殺す(HITする)人間地雷に注意しつつ、慎重に進出。

フィールド奥のドラム缶横に敵発見。見えていても意外と抜けない草越しで遠射狙撃。

   

   

この後、草むらの陰に隠れた敵を警戒しすぎたり、敵と思い草陰を狙いまくたりしていてタイムアウト。(動きの無い動画は面白くないのでカット)

  

   

   

 【TAKE 2 】

Batorannfb1


 フィールド奥側のフラッグよりスタート。

いきなり敵の一陣がフィールド右翼から侵入するのを発見。

火力の強い電動ガン持っている人に対応して欲しかったのですが、だれも行かないのでしょうがなく対応。

    

こういう受身の状況では、エアコキガンは不向き。(*待ち伏せはコッキングよりフルオートも使えるオートマチックライフルの方がいろんな状況に対応できるからね)

火力では圧倒的に不利なので、少しでも地の利を得られるポイントを探して フィールド右側の森より侵入、山を進むと程なくに敵の声が聞こえてきた!

 ・・・ っと そこからTAKE 2 動画スタートです。

    

 

 スナイパーとして一瞬のチャンスを物にできるか!  乞うご期待。

    

 

 

  【TAKE 3 】

  

再びフィールド中央からのTAKE 1 と同じ浸透作戦。今度は思い切って進んで行く挺身攻撃です。

   

より遠くの敵を狙えるよう調整したMy Type96(五式戦)をご覧下さい。

    

    

    

   

   

   

    

 *挺身攻撃 = 率先して身を投げ出し攻撃にあたる事。 ⇒ ただ敗戦で終わってしまうなら、命を賭して(ここではHITされるだけ)より緊張した状況を作りゲームを盛り上げること。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/351929/32835285

サバゲスナイパー「Air Soft Sniper No,23」BATTLE LAND-1早朝戦20140817を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿