フォトアルバム

twitter

アクセスカウンター

ブルーリボン

ちゃんと分解するバイオBB弾

  • アングス バイオBB弾 Shot & Tender 0.2g
  • 東京マルイ ベアリングバイオ 0.2gBB
  • 東京マルイ ベアリングバイオ 0.25gBB
  • 東京マルイ Superior 0.28BB

装備品等

  • 最近取り扱い店も少なくなった、APS Type96新マガジン
  • 枯葉 迷彩 ベースボール ギリー キャップ 偽枯葉付 茶 緑 系色
  • ギリー フード
  • アフガンストール緑色100x100
  • FIAT NUOVA 500(ルパン仕様)
  • 185X90と大きめのです。

« サバゲスナイパー「Air Soft Sniper No,21」Field 9 ゲームⅡ | メイン | サバゲスナイパー「Air Soft Sniper No,23」BATTLE LAND-1早朝戦20140817 »

2014年6月23日 (月)

バイオBB弾の検証 その26(70ヶ月経過)

037_2



バイオBB弾の検証

  

堆肥や土の中などに居るバクテリアやカビの働きで成分分解して最後には水と炭酸ガスになる

   

 ・・・・ という触れ込みのバイオBB弾。

  

〝バイオBB弾〟として各メーカー・ショップから販売されている個別商品によって分解速度に違いはあるのか、それ以前に本当に分解されるのか!

 をサバイバルゲーマーとして「本物」を選ぶ為の検証です。

  

*検証条件 : サバイバルゲームで使用された場合と同じ、エアーガンから発射され フィールド(地面)に落ちたのと同じ状態。(埋めずに撒いただけ)

  

*検証方法 : 目視

  

*検証終了規定 : 20分探しても該当BB弾が見つからず心が折れた場合。

   

  

040_2

041




046

048

  

  

  

  

  

  

  

  

  


  







  

  

  

  

この「バイオBB弾の検証」も開始より5年以上も経ち、既に無くなった(販売されていない)BB弾も出始めています。商品が無くなっても使った弾はフィールドに残っています。

  

この間参加したゲームであるゲーマーさんがマルイのプラ弾しか使わないと言っておられ とても残念でした。

フィールドとしてのBB弾規制がなくても、森や林の自然の中で遊ぶサバイバルゲームでは、〝バイオBB弾〟を使うくらいの配慮は持ってもらいたいものです。

私たちサバイバルゲーマーは、環境やゲーム以外の事も考慮してサバイバルゲームを長く楽しんでいきましょう。

   

それでは平成26年6月15日時点の報告です。

   

《平成26年6月15日時点》

053a


①「エクセル バイオ弾

@緑色0.25g弾 / 茶色02g弾

平成20年9月10日開始(70ヶ月経過)

  

  

  

  

  

  





   

057a

②「マルイ成分分解0.2gBB弾」

平成20年9月10日開始(70ヶ月経過)

  

  

  

  

  

  

  






  

  

  

  

059a

③「マルシンBiotech8mmBB」

平成20年9月10日開始(70ヶ月経過)

  

  

  





  

  

  

  

  

079a

④「SⅡS地球に優しい!SⅡS精密BB」

平成20年9月10日開始(70ヶ月経過)

 *参考品《非バイオ弾》

注 : 検証開始時、成分分解される素材を使用した〝バイオ弾〟と間違えて検証に加えてしまいました。

この非バイオ弾の「SⅡS地球に優しい!SⅡS精密BB」弾を使用可にしているフィールドも多いので比較の為そのまま検証に加えています。

  

   

   

   

   

   

   

064a

⑤「アングスBIO TECH BB」

平成21年4月12日開始(63ヶ月経過)

  

  

  

  

  

  

  

  

  

   

  

066a

⑥「SⅡS GREEN MAXMUS 0.2g」

平成21年11月8日開始(55ヶ月経過)

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

90a

⑦「マルイベアリングバイオ0.2gBB」

平成22年12月21日開始(42ヶ月経過)
  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

074a

⑧「BATON バイオBB弾0.28gブラウン」

平成25年6月16日開始(12ヶ月経過)

   

  

  

  

  

  

  

  

  

  

今回の観察では、SⅡSの「GREEN MAXMUS 0.2g」の表面に凹みが確認出来、分解の兆しが見えます。森や林の地面に落ちて違和感があるような緑いろだったのでホントに分解するのか心配してましたが大丈夫なようです。今後に期待です。

    

083


しかし成分分解最優秀BB弾は、なんと言っても「アングス BIOTECH BB」です!こいつがホントにBB弾だったか自信がなくなってきました。どう見ても小惑星です。

⇒小惑星「アングス BIOTECH BB」宇宙戦艦と並べてみました。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/351929/32306029

バイオBB弾の検証 その26(70ヶ月経過)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿